何年経ってもバスケはやめられません

私は小学3年生からバスケを始め、今にあたります。最初は友達に誘われて軽い気持ちで入ったものの、コーチに認められすぐ試合も出ることができました。試合に出れることや試合に勝つことの喜びを実感し、中学高校もバスケ部に入部しました。高校を卒業してからは、すぐ仕事に就き、もうバスケットはできないだろうと思っていましたが、会社の方に誘われ、レクレーションバスケに参加させてもらいました。

男女関係なくのお遊びバスケでしたが、できるとこがあるだけでもとても嬉しく思っていました。でもだんだんやっているうちに、学生の頃のように本格的にバスケをしたいと思うようになりました。その時、レクレーションバスケの一人の方にチームに入らないかと誘いを受けました。喜びを隠せないまま早速チームに入らせてもらいました。今でもそのチームでトーナメントやリーグに出ています。

今となると勝つことの喜びもありますが年齢層も幅広く、色んな方と仲良くなれる喜びもありますし、運動をし続けている30代40代の方も元気に若々しくやっているのを見て私も頑張ろうと思えるし、そういう歳の取り方をしたいなと思いながらいつまで経ってもバスケはやめられないと実感しました。バスケだけに限らず、健康な人生を送るなら何でもいいので体を動かすことをしたらいいと思います。

美味しさを求めて

普段家庭では、あまり食する事が少ないラム肉料理。北海道などではジンギスカンなどが有名ですが、関東では、あまり馴染みが無いのでは無いでしょうか。私は、大のラム肉好きとして、関東にあるラム肉を扱っている料理を食べ歩いてきました。その中でも、鳩ヶ谷にあるモンゴル料理屋、青空、がオススメです。ラム肉を専門に扱い、メニューも豊富です。皆が思う臭みなどが一切なく、親しみやすい味です。

沢山の有名人も通っていたり、雑誌に取り上げられたりと、話題のお店です。私がオススメする料理は、羊タンサラダです。沢山の野菜に、調味料は少し、ごま油を効かせていて、羊タンが沢山盛り付けられた一品です。食感としては、豚タンの食感に近いです。ですが、やはり食べた時に鼻から抜けるラム肉の香りは格別です。身も柔らかく、食べごたえもある。ビールのおつまみにも最適。一度、食してほしい一品です。

やはり、一番のオススメは、ラム肉の鉄板焼きです。アツアツの鉄板に乗ったラム肉の香りはとても食欲をそそります。下にひかれたお野菜達にもラム肉の良い香りが付き、そのお野菜とアツアツに焼かれたラム肉を一緒に食べる。言葉を失う程の美味しさです。身も柔らかく、脂身も少ない。専門店だからこそ味わえる味。親しみやすい店内も、価格も、大満足です。是非一度、足を運んで頂きたいです。